経済・企業未来産業の本命

DX3 リモート社会インフラ テレワーク環境の整備で活況=阿部哲太郎

    旅先でテレワークを行うワーケーションもこれから増えてくる
    旅先でテレワークを行うワーケーションもこれから増えてくる

    ブイキューブ、スタメン、Jストリーム

    拡大はこちら

     コロナ禍の中でリモート社会への変革が進み、インフラを巡る競争が加速している。

     企業ではテレワークの導入が進み、オンライン会議ツールの「Zoom」やチャットツールのチャットワーク、「Slack」などを利用する企業も増えている。ITハードウエアやセキュリティーサービスなど裾野にも恩恵が広がっている。継続課金でIT機器のレンタルを手掛けるパシフィックネットでは、レンタル需要や使用済みIT機器の回収やデータ消去の需要が伸びている。

     オンラインサービスに求められる品質も要求が高まる。ウェブ会議サービス「V─CUBE ミーティング」を提供するブイキューブは、イベントのDX(デジタルトランスフォーメーション)事業が伸びを見せているオンライン株主総会や説明会などのオンライン配信の需要が伸びている。特に急速にDX化が進んでいる医療業界向けが伸びをけん引している。

    残り640文字(全文1042文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事