経済・企業日本経済 大復活

インタビュー 塩見清仁・はとバス代表取締役社長 「稼働は最盛期比2割。需要回復鈍く」

塩見清仁 はとバス代表取締役社長
塩見清仁 はとバス代表取締役社長

── 足元の経営状況は。

■状況は非常に厳しい。観光バスは緊急事態宣言が出てからは基本的に運行せず、貸し切りバスの需要が少しあったぐらいだ。宣言が明けてからは、都内の桜の名所を回るコース「東京さくら回廊」で若干回復したが、それでも1割にも届かない。まだ人々のマインドが戻っていない。

 直営の「銀座キャピタルホテル」も厳しい状況が続いている。ビジネス客やインバウンド向けのホテルということもあり、稼働率は1割にもいかない。本館は休業している。

残り824文字(全文1043文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事