経済・企業日本経済 大復活

日本株 今年度内に3万3000円も 「業績相場」への移行織り込む=石黒英之

    日経平均は3万円台の足場固めが期待される
    日経平均は3万円台の足場固めが期待される

     2021年度は世界的な景気回復の動きが鮮明化することによって、「世界の景気敏感株」である日本企業の業績拡大が本格化することから、日経平均株価は年度末である22年3月までに3万3000円まで上昇すると考えている。

     キーワードは「金融相場から業績相場への移行」だ。4月下旬からの3月期決算発表を受けて、株価は企業業績を本格的に織り込む流れになる。

     3月に大和証券が取りまとめた企業業績見通しでは、国内主要上場企業(金融除く)の20年度経常利益は前期比4%減(前回予想比19%ポイント増額)、21年度では同29%増(同6%ポイント増額)、22年度は14%増と見込んでおり、コロナ禍前の18年度を上回り過去最高益更新も視野に入ってくる。21年度末に向けて翌22年度の増益について株価を反映し始めるとみており、日経平均株価は22年度予想PER16・5倍…

    残り2247文字(全文2619文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事