経済・企業日本経済 大復活

自動車 半導体不足の影響は限定的 最高益更新企業続出も=遠藤功治

    日本車は中国での販売が好調(広州モーターショー) (Bloomberg)
    日本車は中国での販売が好調(広州モーターショー) (Bloomberg)

     自動車業界では、昨年末から懸念されていた半導体不足による減産問題に加え、今年に入ってからは米テキサス州の大寒波・停電、人員・コンテナ不足による港湾物流の混乱、福島沖地震による日立アステモの出荷停止、そしてルネサスエレクトロニクス那珂工場(茨城県)の火災と、サプライチェーンの問題が相次いだ。巣ごもり需要によるゲーム・通信機器等の販売好調や、皮肉にも世界的な新車販売の急回復が、この問題に拍車を掛けている。

     半導体不足を理由とした減産台数はSBI推計で、4月中旬までに全世界で約250万台、うち欧州が最も影響が大きく120万台、北米が80万台、日本を含むアジアが50万台程度で、この台数はルネサス那珂工場の復旧次第で更に拡大する可能性がある。

    残り1963文字(全文2284文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事