資源・エネルギー日本経済 大復活

金・貴金属 金は中国やインドが下支え 脱炭素で白金価格上昇続く=池水雄一

    金は一時1700ドルを割った (Bloomberg)
    金は一時1700ドルを割った (Bloomberg)

     金価格は昨年8月に史上最高値1トロイオンス=2070ドルをつけた。新型コロナ蔓延(まんえん)による先行き不安、景気悪化に対する各国政府による大規模な金融緩和と財政出動が価格上昇の原因だ。

     しかし、ワクチン接種が進んだことで市場では将来に対する楽観論が広がり、株価は歴史的高値を更新して上昇、安全資産の金からは資金が逃げるという状況になっている。金は一時300ドル下落、1700ドルを割りこんだ。

     米国ではワクチン接種が進む一方で、欧州では再感染の波が広がり、再び都市封鎖に入るところも多い。米国の長期金利上昇も重なり、欧州から米国へと資金が還流、それがドル高へとつながり、ユーロや円、そして金も売られドルの独歩高となっている。

    残り1033文字(全文1347文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事