経済・企業日本経済 大復活

米国 空前の2兆ドルインフラ投資  「大きな政府」で38年ぶり高成長へ=今村卓

    米テキサス州の架橋工事現場 (Bloomberg)
    米テキサス州の架橋工事現場 (Bloomberg)

     <第2部 世界経済編>

     米国の景気回復に弾みがついてきた。3月のISM景況感指数は製造業、非製造業とも高水準を付けた。コロナ禍で落ち込みが深刻だったレストランの予約状況も、最近は復調しつつある。実質国内総生産(GDP)も今年1~3月期には前期比年率5~6%増に達した模様だ。

     今後の景気を支えるのは、3月前半に成立した1・9兆ドル(約200兆円)の新型コロナ対策「米国救済計画」だ。バイデン政権の提案通りのGDP比9%の財政出動を可能にした成果は大きい。「救済」の対象も政権の狙い通り、中間層以下で特に子どものいる世帯、失業者、資金不足の地方自治体など、コロナ禍の傷痕が色濃く残る人や組織に集中して景気回復の厚みが増す。

     ワクチン接種の加速も景気回復を後押しする。バイデン政権の接種加速策により、接種率は4月12日に36%に達した。変異ウイルスの感染拡大リスクはあるが、独立記念日(7月4日)に社会正常化への道筋を付けるという政権の目標も達成可能だ。

    残り2110文字(全文2536文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事