経済・企業日本経済 大復活

欧州 コロナ前回復は来年後半 英国除き、感染抑制に苦慮=伊藤さゆり

    ドイツではコロナの第3波が押し寄せる (Bloomberg)
    ドイツではコロナの第3波が押し寄せる (Bloomberg)

     欧州経済は5月以降、緩やかな回復が見込まれる。新型コロナウイルスの感染拡大ペースの鈍化で、昨年10〜12月期から続いてきた行動制限が緩和に向かうと見られるからだ。言い換えれば、5月以降もコロナの感染拡大次第という傾向が色濃く残る。国によるばらつきもあり、全体の回復ペースは、米国に比べて見劣りするだろう。

     本稿執筆時点で、欧州の主要国で、当初のスケジュールに沿った制限の緩和と感染者数の減少を両立しているのは英国だけだ。イタリア、フランスは3度目のロックダウン(都市封鎖)で感染拡大を抑え込みつつあるところ、ドイツは第3波の渦中にある。

    残り2236文字(全文2505文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事