経済・企業日本経済 大復活

小売り・外食 業界天気図=桑子かつ代/神崎修一/斎藤信世

    テレワーク需要の好調続く 百貨店、外食は復活遠く

     ◆ホームセンター・家具 晴れ 巣ごもりで在宅用品好調

    拡大はこちら

     在宅勤務が奨励されるなど生活様式の変化に伴い、ホームセンターは生活用品、日曜大工や園芸品などの需要が増加。大手のDCMホールディングスの2021年2月期は売上高、営業利益ともに過去最高を更新した。家具大手のニトリホールディングスも、収納整理用品や台所用品、テレワーク用のオフィス家具が好調だった。両社とも22年2月期に増益を見込む。ニトリは売り上げ貢献が大きいアプリ会員で今期4割増の1300万人を目指している。

    残り1664文字(全文1928文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事