国際・政治ワールドウオッチ

ラスベガス 注目の地下トンネルが公開=土方細秩子

    注目高まる地下輸送システム ボーリング・カンパニー提供
    注目高まる地下輸送システム ボーリング・カンパニー提供

     米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がラスベガス市と協力して進めていた地下トンネルが開通し、実際の走行の様子などが地元メディアに公開された。市内にある三つのコンベンションセンターをつなぐトンネル網はLVCCループと呼ばれ、地下のトンネルをEVが高速で走行する次世代交通システムだ。全長2・7キロ。三つの駅を含む総コストは4700万ドルとされる。

     本来は今年1月のCES(世界最大の家電ショー)で一般利用が始まる予定だったが、コロナの影響でCESがオンラインでの開催となったこともあり、運用にも遅れが生じている。また、当初はトンネル内の移動手段として16人乗りの小型自動運転シャトルも予定されていたが、今回の公開で使用されたのはテスラモデル3だった。実用化では1時間に4400人を運べると説明しているが、乗客の乗車方法なども未定であったり、現状で…

    残り118文字(全文509文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事