経済・企業

幾多の紛争経験のASEAN WTOに先駆けた新ルール=深作喜一郎

    WTOは機能不全の中…… (Bloomberg)
    WTOは機能不全の中…… (Bloomberg)

     経済のグローバル化が加速する中、近年の通商紛争では非関税措置の中でもアンチ・ダンピングや緊急輸入制限(セーフガード)など貿易救済措置の是非が問題となることが多い。ただ、こうした紛争解決の場面では、世界貿易機関(WTO)が十分に機能しているとは言い難い。非関税措置を巡る貿易紛争を数多く抱える東南アジア諸国連合(ASEAN)の事例を引きながら、WTOに内在する課題を検討してみたい。

     WTOは、加盟国・地域間に起こる通商紛争を、WTO協定の規則と手続きを通じて適正に解決し、国際経済秩序を維持することを目指している。米国や中国、日本、欧州連合(EU)をはじめ、現在は世界の大半を占める164カ国・地域が加盟し、1995年1月の設立時から今年1月末までの26年間でWTOに通報された通商紛争は延べ600件に及んでいる。

    残り3147文字(全文3505文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事