国際・政治深層真相

温暖化ガス「46%減」目標 9年後に「有言不実行」?

    (Bloomberg)
    (Bloomberg)

     菅義偉首相が4月22日、二酸化炭素など温室効果ガス排出量を2030年度に13年度比で46%削減すると表明したことに対し、産業界の一部からは「実現可能な数字ではない」(エネルギー業界関係者)との指摘が聞かれる。

     従来は30年度に26%減の目標だったが、菅首相が昨年10月、「50年排出量実質ゼロ」を掲げたことで一気にハードルが高まった。13年度を起点に50年まで毎年同じ量を削減すると仮定した場合、30年時点で46%減になる。

     経済産業省は30年度の削減目標について、「どれほど数字を積み上げても30%台後半が限度」(同省関係者)とみる。しかし、英国が30年時点で1990年比68%減、EU(欧州連合)同55%減を打ち出し、米国も50%超(05年比)の削減目標が有力視されていた。首相としては、「50%に向けて挑戦を続ける」(22日の記者会見)ことを世界に訴えるには46%が最低限の数字だった。

    残り167文字(全文564文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事