経済・企業深層真相

JAL社長に交代観測 事務系出身者も浮上

 2018年4月にトップに就任した日本航空(JAL)の赤坂祐二社長=写真=が4年目に入り、早ければ来年の交代もあり得るとの観測が出ている。

 10年に経営破綻して稲盛和夫氏を招聘(しょうへい)して以降、同社の社長の系譜は様変わりした。それまでは経営企画部門と営業部門の派閥争いが激しく、その後、労務出身の社長が誕生すると今度は労務出身者を重用、抗争はなお続いた。稲盛氏はそこを断ち切り、現場重視を前面に出して整備畑の大西賢氏を社長に抜てき。大西氏…

残り334文字(全文556文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事