経済・企業“黒船”EVバス来襲!

EVバスの基礎知識Q&A=永井隆

    中国・深圳では公共バスの100%EV化を達成している BYD提供
    中国・深圳では公共バスの100%EV化を達成している BYD提供

     排ガスが出ないEVバスはディーゼルエンジンバスに比べ、何が優れているのか?基本を学ぶ。

    Q ディーゼルエンジンバスとEV(電気自動車)バスの違いは?

    A EVバスは、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)はもちろん、排ガスを走行中には一切出さない。乗車しても、外を歩いている人にも、健康被害はない。乗車してもにおいはないし、排煙が出ることもない。一方、ディーゼルエンジンは、CO2に加えNOX(窒素酸化物)が発生する。内燃機関の場合、化石燃料を燃焼させて大きなエネルギーを得るが、8割以上を熱として捨てている。

     EVのエネルギー源であるリチウムイオン電池は体積当たり、重量当たりのエネルギー密度は小さいが、モーターの駆動に8割以上が使われる。つまりエネルギー効率が高いのが特徴。EVバスが静かなのは無駄にするエネルギーが少ないことを意味している。ディーゼルエンジンのように機構が複雑ではないため、EVバスは振動が少ない。モーターは発進時のトルクが大きく、加速に優れているのも特徴だ。

    残り696文字(全文1139文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事