経済・企業“黒船”EVバス来襲!

日本メーカーは? EVシフトが遅れるワケ 内燃機関バス衰退に直結=永井隆

    路線バスは日本人の足だったが……=路線バスが行き交う新潟県万代のバスセンター 撮影=北村秀徳
    路線バスは日本人の足だったが……=路線バスが行き交う新潟県万代のバスセンター 撮影=北村秀徳

     日本国内で保有されているバスは、国土交通省によれば2018年度で23万4000台ある。このうち、会社や学校などで使う自家用が11万7000台、路線バス(乗り合いバス)などの営業用が11万6000万台と、ほぼ半分ずつを占めている。

     営業用のうち、路線バスは18年度で約6万台。観光バスなどの貸し切りバスは同5万台強。バスが「日本人の足」だった1965年度と比較すると、車両数は4.0%減とそれほど変わってはいない。しかし、輸送した人員数(利用者数)で見ると、65年度の約99億人に対して17年度は約43億人で、この半世紀で56%も減った。

     3大都市圏(東京・埼玉・神奈川・千葉、愛知、京都・大阪・兵庫)に限ると、65年度の約41億人に対し18年度は約29億人、29%減にとどまる。一方、3大都市圏以外は58億人から14億人へと76%も減少した。また、路線バスの18年度の走行距離は合計約31億キロと、65年度に比べて19%増加している。

    残り1112文字(全文1530文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事