経済・企業世界経済急回復のワナ

半導体不足が巻き起こす「自動車50万台減産で影響額1兆円」の衝撃=橋本政彦

    日本経済の「屋台骨」が揺らいでいる(トヨタ自動車元町工場)
    日本経済の「屋台骨」が揺らいでいる(トヨタ自動車元町工場)

    リスク7 自動車生産に逆風 対米輸出で機会損失=橋本政彦

     新型コロナウイルス禍以降のIT需要の盛り上がりに加え、3月に発生したルネサスエレクトロニクスの生産子会社の工場火災が重なったこともあり、自動車産業では半導体不足が世界的に広がっている。火災発生前から国内外の自動車メーカーは半導体不足を理由に生産計画の下方修正を余儀なくされてきたが、4〜6月期に入っても状況に改善の兆しは見られていない。

     日本国内での生産を調査対象とした製造工業生産予測調査(経済産業省)によれば、自動車・同部品製造業を含む輸送機械工業は2021年4、5月と2カ月連続で減産を計画し、5月時点の生産水準は直近のピークである20年10〜12月期を約15%下回ると見込まれている。また、足元の予測修正率(前月時点の生産計画と当月計画の乖離)は、コロナ禍によって需要が急減した20年4〜6月を除けば、13年からの現行統計で最大…

    残り1023文字(全文1420文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事