投資・運用狙える不動産

売買の深層を語る 野﨑浩之・藤田観光取締役企画本部管掌 太閤園売却は「先祖に申し訳ない」

    居住期限を設けないシニア向け高級邸宅として椿山荘の一部活用を検討している
    居住期限を設けないシニア向け高級邸宅として椿山荘の一部活用を検討している

    「虎の子」の資産を売る側とリスクをとって買う側の双方に狙いを聞いた。

    (聞き手=中園敦二・編集部)

     新型コロナウイルス禍で宿泊客などが激減し、結婚式場や宴会場としていた「太閤園(たいこうえん)」を3月に売却した。6月末まで営業する。

     太閤園は明治期の大阪財界の重鎮で藤田財閥創始者である藤田伝三郎が1910年ごろに子息のために築造。59年から「太閤園」として、豪華邸宅と庭園は迎賓の場となった。太閤園と椿山荘(ちんざんそう)、箱根小涌園の三つが創業の志ということで、この資産だけは守ろうとギリギリまで検討した。いまだに、これしか手がなかったのか…

    残り408文字(全文679文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事