投資・運用狙える不動産

売買の深層を語る 山田御酒 米系物流不動産大手・プロロジス社長 物流施設は造れば埋まる

    競争液化で倉庫内の運用アドバイスもしている(プロロジス提供)
    競争液化で倉庫内の運用アドバイスもしている(プロロジス提供)

    「虎の子」の資産を売る側とリスクをとって買う側の双方に狙いを聞いた。

    (聞き手=中園敦二・編集部)

     物流不動産の需要は、電子商取引(EC)関連で伸びていたが、コロナ禍で加速した。空室率は首都圏で1%以下、関西圏も3%ぐらいで、今造ればすぐに床が埋まっていく。同時に国内の不動産大手各社が物流に力を入れ始めた。中堅デベロッパーや商社も参入している。物流不動産を取り扱う事業者は1年前と比べて1.7倍の50社程度となった。

     肌感覚でいうと、用地価格はコロナ前に比べると2倍で、賃料も首都圏で平均3%前後上がっている。今土地を仕入れると、施設ができあがるのが2年後ぐらい。2023年ごろは供給が過去最高となるだろう。それに需要が追いついていくか危惧している。

    残り365文字(全文690文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事