経済・企業狙える不動産

ホテル、鉄道 帝国ホテルはサービス付き賃貸住宅 JR東は「新幹線オフィス」の実験=佐久間誠

     日本企業の経常利益は、2020年4〜6月期に前年同期比46・6%減と急減した後、10月〜12月期には0・7%減と前年同期の水準をおおむね回復した。

     業種別に見ると、10〜12月期は製造業(前年同期比21・9%増)が回復を牽引(けんいん)した一方、対面型サービス業(103・2%減)は大幅な減少を続け、赤字から抜け出せていない(図)。

     対面型サービス業では、事業用不動産を手放す企業が出てきた。藤田観光は大阪の結婚式場や宴会場である太閤園(たいこうえん)を売却し、JR東日本は保有するホテルやオフィスビルなどの不動産を5年で1000億円売却する予定だ。

    残り1872文字(全文2148文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事