経済・企業

コロナ禍が新卒労働市場を直撃 「新・就職氷河期」を作るな=太田聡一

    ビニールシートで仕切るなど新型コロナの感染防止対策が施された中での企業説明会
    ビニールシートで仕切るなど新型コロナの感染防止対策が施された中での企業説明会

     コロナ禍によって昨年の新卒労働市場は、大きく影響を受けた。採用人数を絞り込む企業が出てきただけでなく、会社説明会の中止や延期、対面ではなくオンラインでの面接の実施など、採用する側にとっても採用される側にとっても手探りでのマッチングを余儀なくされた。

    フリーターの高齢化

    33 文部科学省と厚生労働省が実施している就職内定状況調査によると、2月1日現在の大卒予定者の内定率は89・5%で、前年を2・8ポイント下回っており、今年の就職状況の悪化を明確に示している(図)。

     新卒の就職動向が大きな関心を呼ぶのは、それが長い期間にわたって人々の仕事や処遇に影響を与えるからだ。そうした状況は「世代効果」と呼ばれる。端的な例は、バブル崩壊後から2000年代前半までの不況期に学校を卒業した「就職氷河期世代」である。今後、コロナ禍による「新・就職氷河期世代」を生み出さないためには、彼らの経験を踏まえることが必要だ。

    残り2011文字(全文2412文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事