マーケット・金融THE MARKET

ドル・円 リフレトレード復活=高島修

     ドル・円相場は1ドル=110円台へ上昇した後、伸び悩んでいるが、4月の反落には一服感が出てきた。背景の一つはリフレトレードの復活である。

     資源相場は中国需要の影響の大きい銅や鉄鉱石に加えて、小麦や大豆など穀物が高騰。米国の住宅バブルの先行指標ともいえる木材価格の上昇が著しく、先物価格は昨春の新型コロナウイルス危機の安値から4…

    残り247文字(全文411文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事