マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 4月の貿易統計(5月20日) 輸出増加の裾野は広がるか=上野剛志

     5月20日に財務省より4月の貿易統計(速報)が公表される。日本の輸出額は新型コロナの流行によって昨年春にかけて急減した後、世界経済の回復を受けて持ち直しに転じた。直近3月(確報)の輸出額は自動車や非鉄金属などの増加によって、前年同月比16.1%増と2桁の伸びに達している。この高い伸びは昨年3月の輸出額がコロナ流行によって落ち込んだ反動が出た面が強いものの、コロナ前の2019年3月と比べても2.4%上回る。

     仕向け先別では、米国向けが19年3月比で12.5%減、EU(欧州連合)向けが同17.1%減と振るわない一方、世界に先駆けて景気回復が進む中国向けが同25.3%増と高い伸びを示し、輸出の回復は中国頼みが鮮明になっている。

    残り306文字(全文621文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事