【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用狙える不動産

J-REIT ホテル系除けば、懸念は杞憂 手堅くいくなら物流と住居系=関大介

 株式市場の上昇基調が息切れする中で、J−REIT(日本版不動産投資信託)価格は堅調な動きとなっている。J−REIT投資口(株式に相当)価格の代表的な指標である東証REIT指数は、年初来高値を4月16日に更新し、2020年3月のコロナショック前の水準を回復した(図1)。

 J−REITは、不動産賃貸業を専業とする業態である。さまざまな用途に投資をしているが、物流施設を中心に投資する物流系銘柄は、「巣ごもり生活」から通販などのEコマース(電子商取引)が拡大したため、物流施設のテナント需要が大きく伸びることになった。

 コロナショック時こそ一時的に下落したが、投資口価格はその後上昇している(図2)。20年夏以降の価格は伸び悩んでいるが、これは物流系銘柄の多くが増資を行っていることが要因だ。増資により投資口の需給が悪化するため、価格上昇にブレーキが掛かっている。

残り3417文字(全文3798文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事