経済・企業密にならないレジャー

キャンピングカー 移動・宿泊・仕事、多用途で活躍 場所や時間にとらわれない新常態=野瀬勇一郎

    コロナ禍の影響でワーケーション用途の使い方も増えてきた 筆者撮影
    コロナ禍の影響でワーケーション用途の使い方も増えてきた 筆者撮影

     キャンピングカーの市場が今、急速に拡大している。

     日本RV協会が発行する「キャンピングカー白書2020」によれば、19年のキャンピングカーの販売総額は526億2577万円となり過去最高を記録。また、同協会の別の調査では、コロナ禍の影響でキャンピングカーを利用する人がさらに増加傾向にあるという。

     キャンピングカーには3密を避けての移動、滞在が可能になるという強みがある。「車中泊」ができることも大きな利点だ。これによって場所や時間の使い方の自由度が圧倒的に高くなる。

     たとえば、週末の過ごし方を考えてみよう。渋滞を避けて夜に出発すれば、人混みとはほぼ無縁、道中で一休みすることもできる。そして、帰りも昼間はゆっくりと過ごして、渋滞の少なくなってきた夜に出発する。実はこれでも家に着く時間は、昼間に帰る場合とそれほど変わらない。渋滞に巻き込まれる疲れを考えれば、車中泊、そしてキャンピングカーがどれほどのメリットがあるかは想像に難くないだろう。

    残り852文字(全文1274文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事