【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

資源・エネルギー世界経済急回復のワナ

核兵器直前段階に進んだイランの核濃縮で原油価格はさらに上昇=小山堅

イラン産原油の供給が滞るおそれも(ペルシャ湾スター製油所) (Bloomberg)
イラン産原油の供給が滞るおそれも(ペルシャ湾スター製油所) (Bloomberg)

リスク9 原油急騰 米シェールの増産進まず イラン緊迫化で80ドルも=小山堅

 昨春、コロナ過で大暴落したWTI原油価格が1バレル=60ドル台に戻った。北海ブレント原油も同70ドル台一歩手前である。

 この背景には、第一に世界経済回復がある。国際通貨基金(IMF)は、2021年の世界経済6%成長を見込む。景気回復は石油需要を増加させ、原油価格の押し上げを支えてきた。新型コロナウイルスのワクチン接種が加速すれば、世界経済回復が後押しされる期待もある。

 また、経済回復のための大規模な財政出動と金融緩和で、リスク性資産市場にマネーが流入し、株価上昇とともに原油先物市場でも原油価格上昇の一因となった。

残り943文字(全文1241文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事