国際・政治世界経済急回復のワナ

「手詰まり」ゆえに台湾に軍事的圧力をかけ続ける中国の苦悩=小原凡司

    中国は台湾に圧力をかけ続ける(中国軍の爆撃機)
    中国は台湾に圧力をかけ続ける(中国軍の爆撃機)

    リスク10 台湾有事 軍備拡大競争が過熱へ 中国は「統一を諦めない」=小原凡司

     2021年3月、米インド太平洋軍のデービッドソン司令官と後任のアキリーノ海軍大将は、米連邦議会の公聴会で、今後6年のうちに中国が台湾に武力侵攻する可能性を指摘した。

     それでも、現状では、台湾海峡において中国と、台湾を支持する米国が軍事衝突を起こす可能性は低いと見ている。米中両国とも軍事衝突を望んでいないからだ。

     中国が急速に軍備を増強しているのは、中国に対して米国が軍事力を行使することを恐れているからである。そのため中国は「A2AD(接近阻止・領域拒否)」戦略に基づいて、(1)対艦弾道ミサイル、(2)大型爆撃機から発射可能な巡航ミサイル、(3)航空機、(4)艦艇、(5)これらを接続するネットワーク──などを整備し、米国の軍事力行使を抑止しようとしてきた。

    残り753文字(全文1124文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事