国際・政治世界経済急回復のワナ

米中対立が激化する中、「中国依存」脱却を目指す米国=福地亜希

    米国は中国を「唯一の競争相手」に位置付けている
    米国は中国を「唯一の競争相手」に位置付けている

    リスク11 米中摩擦 米国が同盟国と関係強化も アジアで深まる中国依存=福地亜希

     米バイデン政権は、外交分野で前トランプ政権の「米国第一」主義から決別し、国際協調、同盟国との連携を重視する姿勢に転換したが、当面は国内問題を優先せざるを得ない。3月に米通商代表部(USTR)が議会に提出した「2021年の通商政策課題と2020年年次報告」では、パンデミック対応や国内経済の回復を優先しつつ、労働者の利益確保や気候変動問題への対応を通商政策の柱とした。

     グローバリゼーションの結果、米国内製造業の雇用が失われ、所得格差が拡大したとの見方が強まる中、従来以上に労働者の利益確保を重視した通商政策が内政上求められている。中国に対しては、気候変動やパンデミック対応などでは協調を模索しつつも、その不公正な経済貿易慣行に包括的戦略で厳しく対処する方針だ。

    残り928文字(全文1299文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事