マーケット・金融THE MARKET

東京市場 米景気の恩恵を受ける信越化学、ヤマハ発=藤戸則弘

ストラテジストが読む 信越化、ヤマハ発に米景気の恩恵=藤戸則弘

 米国の景況感が突出して良好である。IHSマークイットの5月PMI(購買担当者景気指数・総合)で、米国は68・1と過去最高を記録した。ユーロ圏の56・9、日本の48・1と比較しても、その優位性は歴然としている。特に米国のサービス業は70・1の高水準で、緊急事態宣言の延長・地域的拡大で低迷続く日本の45・7とは、逆相関の動きさえ見せている。この景況感格差が、そのまま日米の株価パフォーマンス格差につながっている。

 こうした状況を考えると、日本株でも、素直に米国の景気回復で恩恵を受ける銘柄に投資するという戦術が浮かび上がってくる。まずは信越化学工業だ。半導体の需要増は継続しており、材料のシリコンウエハーは好調だ。それに加えて、堅調な米住宅で塩化ビニール需要も拡大しており、米国に世界最大級の塩ビ子会社「シンテック」を持つ同社には追い風が吹いている。

残り501文字(全文907文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事