マーケット・金融THE MARKET

NY市場は行き過ぎたインフレ懸念の反動が来る=堀古英司

    過度なインフレ懸念の反動=堀古英司

     新型コロナウイルスに対するワクチンの普及とともに経済再開期待が高まり、米10年物国債利回りは2020年末の0.9%台に対し、今年5月末時点では1.6%での取引となっている。インフレ懸念がさらに高まって長期金利が上昇し、株式相場の上値を抑えるとの懸念が市場を覆っている。しかし、この懸念は既に過度に織り込まれており、年後半にかけて反動が出る可能性が高い。

     第一にインフレは、コロナ感染拡大による生産活動縮小の反動という一時的要因によるところが大きい。第二に、コロナ感染拡大後、雇用はまだ800万人以上失われた状態であり、本格的な賃金上昇につながる可能性は低い。第三に、実質金利はマイナスで推移し、経済・投資活動に極めて有利な状況が続いている。市場にとってリスクと言われる要因も、いったん織り込まれてしまえば追加的な相場下落要因にはならない。

    残り108文字(全文495文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事