投資・運用THE MARKET

中国需要の急増で穀物が騰勢=柴田明夫

    穀物 中国需要急増で騰勢=柴田明夫

     米シカゴ穀物市場では、5月に入り大豆が1ブッシェル=16ドル台に乗せ、2013年7月以来の高値を付けた。小麦とトウモロコシも同7ドルを突破し、トウモロコシが一時的に小麦価格を上回る逆転現象が生じた。その後、穀物価格は米農務省の需給報告を受けて反落したが、依然として高値圏にある。

     米農務省が5月12日に発表した21/22年度(21年9月~22年8月)の農産物需給報告によれば、世界の穀物生産量は27億9036万トンと過去最高となる見通しだ。消費量も過去最高で、生産量を上回ることから、期末在庫量は7億8385万トンと、2年連続で8億トン台を切った。穀物貿易量は4億9462万トンで4年連続で過去最高を更新した。

    残り124文字(全文447文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事