マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 6月10日のECB理事会は、資産購入ペースの見直しが焦点=高山武士

    今週のポイント ECB政策理事会(6月10日) 資産購入ペースの見直し焦点=高山武士

     欧州中央銀行(ECB)は6月10日に政策理事会を開催し、金融政策方針を決定する。注目はPEPP(パンデミック緊急資産購入策)の購入ペースの見直しである。

     PEPPの名前になっているパンデミック(世界的大流行)については、昨年末の感染ピークからは改善し、落ち着いてきた。そのため、PEPPの延長や枠拡大の必要性は低下しているが、経済回復が道半ばであるにもかかわらず、米国の景気回復と金利上昇につられる形でユーロ圏でも金利上昇圧力が高…

    残り389文字(全文647文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事