経済・企業

緊急事態宣言延長で、「打ち止め感」出せるかが景気を左右=小林真一郎

    「緊急事態宣言」延長 4~6月期は小幅プラス成長に 「打ち止め感」が景気を左右=小林真一郎

     政府は5月28日、新型コロナウイルスの感染対策として、東京など9都道府県に発令している緊急事態宣言を6月20日まで延長すると決定した。5月31日が期限だったが、今回の延長を受け一定条件で試算すると、個人消費を中心に7000億円強の景気下振れ効果が見込まれ、2021年4~6月期の実質国内総生産(GDP)成長率を年率換算で2%程度押し下げる。

     下振れ効果は緊急事態宣言が出ていない状態と比べてどれだけ低いかという計算であり、宣言がなければ得られたと想定される需要との差だ。従来の景気の状態があと20日間続くということで、さらに悪化するわけではない。景気の状態を見極めるために重要なのは、延長のマイナス効果を含んだうえでも経済は拡大しているのかどうか、すなわち実質成長率がプラスかマイナスかである。

    残り852文字(全文1245文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事