国際・政治

経産省が支援を決めた台湾TSMCは、どこまで本気を出すのか=編集部

    茨城県つくば市に開発拠点を設ける(TSMC) (Bloomberg)
    茨城県つくば市に開発拠点を設ける(TSMC) (Bloomberg)

    台湾TSMC 経産省が日本拠点支援 本気度を疑問視の声も=編集部

     経済産業省は5月31日、半導体受託製造大手の台湾TSMCに対して、新設する日本拠点への支援を決めた。経産省が進めるポスト5G(第5世代移動通信システム)の基盤技術開発の助成事業のうち、先端半導体の後工程製造技術の開発事業者としてTSMCの日本子会社を認定した。開発期間は5年で、総事業費約370億円のうち190億円を政府が助成する。

     半導体の製造は、シリコンウエハー上にトランジスタなどの素子を形成するまでの前工程では、回路線幅の微細化が限界に近づいて性能向上の難易度が上がっている。そこで、半導体素子をパッケージにして製品にする後工程において、実装方法の工夫で性能向上を図る取り組みが進められている。

    残り663文字(全文997文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事