【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用

日本の投資家がまだ注目していない これから狙える米国株8選=松村梨加

今後の成長に期待! これから狙える米国株8銘柄=松村梨加

 足元の米国株式市場は一喜一憂の展開となり方向性がつかみづらいが、確かなトレンドは新型コロナウイルス禍の収束と経済拡大期に恩恵を受ける銘柄の上昇にある。今年前半の主要指数別のパフォーマンスを振り返ると、昨年好調だったナスダック総合指数やナスダック100指数の勢いが鈍化し、ダウ工業株30種平均やS&P500指数のパフォーマンスが上回る展開となった(図1)。

 S&P500のグロース(成長)株指数とバリュー(割安)株指数で確認しても同様の推移であり、今年前半に買われたのは割安感のあるバリュー株だ。特に、3月初旬を節目にその動きが顕著になっているが、背景には、経済の拡大期を意識した米長期金利(10年債利回り)の上昇がある。長期金利は2月ごろから上昇幅を広げ、3月には一段と上昇、その後は大きな調整局面を迎えずに推移している。

残り4149文字(全文4539文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事