国際・政治

コーヒーから化粧品まで、中国で「新プレミアム市場」が急拡大=郷裕

    中国の「新プレミアム市場」 コーヒーから化粧品まで急拡大=郷裕

     2020年の中国消費市場は、年初の新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、マイナス成長に陥った。個人消費の動向を示す社会消費品小売総額は、8月から前年同月比でプラス成長に転じたものの、年間では前年比3・9%減と落ち込んだ。

     しかし、21年1~2月は前年同期比30・7%増と急回復を見せ、中国政府は21年全体で前年比10%以上の成長を見込んでいる。政府はコロナ禍においても早期に経済成長を回復させ、国内市場の強大化を目指したい考えだ。

     こうした背景もあり、消費者や事業者の国内市場回帰が進んでいる。コロナ以前の中国消費者は、海外旅行など国外での消費が活発だったが、当面の海外渡航制限によって旺盛な消費意欲は国内市場に向けられることになった。

    残り1969文字(全文2320文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月10日・17日合併号

    2021年下期世界経済&マーケット総予測14 ホテル・飲食業が出店再開 「K字型回復」に戸惑う市場 ■中園 敦二/和田 肇17 インタビュー 菊地 唯夫 ロイヤルホールディングス会長 「4度目の緊急事態は想定外」20        平井 卓也 デジタル改革担当相 「スマホ60秒で行政サービス」23 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事