【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治深層真相

東京五輪に来日9万人 隔離方式に根強い不安

メイン会場となる国立競技場(東京都新宿区)
メイン会場となる国立競技場(東京都新宿区)

 選手・大会関係者の約9万人が来日する見込みの東京五輪・パラリンピックで、海外からの新型コロナウイルス流入を防ぐ作戦の不備を指摘する声が高まっている。大会組織委員会は、選手・関係者が移動する際に一般人と遮断する空間(バブル)を作り出すことで感染拡大を防ぐ考えだが、このバブルが「穴だらけ」との評判がもっぱら。

 バブルには警備員や報道陣も出入りし、公共交通機関で自宅から会場まで行き来する。選手団はワクチンの優先接種を受けられることになったが、バブルに入る関係者が開催前にワクチン接種を受けるかどうかは不明だ。

残り164文字(全文418文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事