資源・エネルギー

株価1年で2倍に!双日も出資しているレアアース豪ライナス=小田切尚登・編集部

    マレーシアの分離・精製工場 ライナス提供
    マレーシアの分離・精製工場 ライナス提供

    レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資=小田切尚登/編集部

     レアアース(希土類)鉱床の探査、採掘、加工を行うライナスは豪州証券取引所に上場しており、同社の株価が1年間で2倍以上に上昇した。同社には、日本のレアアース確保を目的として石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と双日が出融資している。また、米国防省の援助を受けて米テキサス州にもレアアースの処理施設を建設することを計画している。中国外で処理されたレアアース需要への期待が、株価を押し上げている。

     同社の主力商品はレアアースの一種であるネオジムとプラセオジムで、自動車や家電製品向けのモーターや発電機に使われる磁石に必須だ。レアアースの需要はコロナによる悪影響はあまり受けておらず、世界的にさらに高まる傾向を示している。

     ライナスは西オーストラリア州マウント・ウェルドにレアアース含有量が世界最高クラスの鉱山を持つ。当地で採掘された全量をマレーシアの分離・精製工場に運んで粉砕・分離し、製品に加工している。年内には西オーストラリア州のカルグーリーで新たな処理施設の建設が始まる予定だ。

     日本では、2010年の尖閣諸島の漁船衝突問題…

    残り766文字(全文1266文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事