経済・企業THE MARKET

米1~3月期の経常赤字はさらに増加か=窪谷浩

    今週のポイント 米国経常収支(6月23日) 経常赤字は引き続き増加=窪谷浩

     6月23日に米国で2021年1~3月期の経常収支が発表される。経常収支は金融収支に計上される取引以外の、居住者・非居住者間で債権・債務の移動を伴う全ての取引の収支状況を示す指標である。財貨、サービスの取引である貿易収支、対外金融債権・債務から生じる利子・配当金の収支を示す第1次所得収支、居住者と非居住者間の対価を伴わない資産の提供に係る収支を示す第2次所得収支が含まれる。

     20年10~12月期を振り返ると、経常赤字は1885億ドルと前期から76億ドル増加した。内訳をみると、第2次所得収支の赤字は14億ドル減少したものの、第1次所得収支の黒字が4億ドル減少したほか、貿易赤字が86億ドル増加して経常赤字全体を押し上げた。貿易赤字の増加は、貿易相手国に対して米国経済が好調となっていることを背景に、財・サービス輸入の増加幅が432億ドルと同輸出の347億ドルを上回ったため…

    残り303文字(全文728文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事