マーケット・金融

ウォール街が恐れる新SEC委員長の正体=松田遼

    MIT教授として、フィンテックや暗号通貨分野を専門としていたゲンスラー氏 (Bloomberg)
    MIT教授として、フィンテックや暗号通貨分野を専門としていたゲンスラー氏 (Bloomberg)

    大手投資銀幹部からSECトップへ 米金融規制改革「旗振り役」の正体=松田遼

     ゲンスラー新委員長は4月17日、就任に際しての議会演説の中で、SECの三つの役目を改めて表明した。すなわち、(1)投資家の保護、(2)公正で効率的な市場の維持、(3)資本形成の促進を示し、SEC本来のミッションに回帰する──。

     SECは株式や公社債などの証券取引を監督、監視する米連邦政府の機関であることは述べるまでもない。

    残り3167文字(全文3367文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事