テクノロジーAI図解 日本の未来

アンモニア燃料の導入推進、最大の利を得るのは中外炉工業=ゼノデータ・ラボ

    拡大はこちら

    第28回 アンモニア燃料で、中外炉工業に特需=ゼノデータ・ラボ

     脱炭素社会を実現するための次世代燃料として、燃焼してもCO2(二酸化炭素)を排出しないアンモニア燃料の実用化が加速してきている。今回は「アンモニア燃料の活用」をテーマに、AI業績予測システム「ゼノブレイン」から、国内上場企業の中で、特に影響を受ける企業を分析した。

     最も増益が期待できるのは、アンモニアのみを燃料として安定燃焼させる技術の開発を進める中外炉工業だ。同社は売上高構成比の約8割をエネルギー事業が占める。技術の実用化が進むことで、準主力製品である燃焼装置への応用も期待されるため、同事業の売上高構成比の4分の1にあたる20・6と、2位以下を大きく突き放すスコアが算出された。

    残り562文字(全文893文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事