経済・企業AI図解 日本の未来

日本電波工業やリバーエレテックに追い風となる「自動運転の普及」=ゼノデータ・ラボ

第29回 自動運転普及で日本電波工業に追い風=ゼノデータ・ラボ

 昨年11月、国土交通省が2025年までに高速道路でのレベル4の自動運転を目指すと公表して以降、その実用化には期待が寄せられている。

 自動運転には、レベル1~5の5段階の指標があり、現在発売されている自動運転車は、システムが走行不能と判断した場合、人の運転に切り替わるレベル3だ。今後は、特定領域では緊急時でもシステムが対応して運転するレベル4、完全自動運転のレベル5の実用化に向けた動きが活発化する。

 今回は「自動運転の普及」をテーマにAI業績予測システム「ゼノブレイン」で、製品・サービスの需要増加・減少から影響を受ける国内上場企業を分析した。

残り455文字(全文760文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事