テクノロジーAI図解 日本の未来

3Dプリンター普及で割を食うのは“あの工作機械メーカー”か=ゼノデータ・ラボ

    第30回 3Dプリンターで自動車金型業界に悪影響=ゼノデータ・ラボ

     樹脂や石こう、金属由来の材料から立体物を成形する3Dプリンターは、製造業だけでなく、医療や宇宙開発など、さまざまな分野で導入されている。今回は「3Dプリンターの普及」をテーマに、AI業績予測システム「ゼノブレイン」で、増益・減益の影響を受ける国内上場企業をそれぞれ分析した。

     最も増益の影響が高いのは、金属3Dプリンターを主力製品とする工作機械メーカーのソディックだ。通常の積層方式3Dプリンターは表面が粗くなりやすいという欠点があるが、同社の3Dプリンターは金属粉末とレーザー光を用いることで、高精度な造形を実現している。(表の拡大はこちら)

    残り569文字(全文875文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事