テクノロジーAI図解 日本の未来

第31回 熊谷組がVR使い重機を遠隔運転=ゼノデータ・ラボ

     人の視界を覆うように映像を映すことで、実際にその空間にいるような感覚を得られるVR(仮想現実)技術。IDC Japanの調査によると、2022年の世界関連市場規模は2087億ドル(約23兆円)で、17~22年にかけての年間平均成長率は71・6%と、その需要はますます高まることが予測される。

     今回は「VRの普及」をテーマに、国内上場企業へ及ぼす影響を、AI(人工知能)を使った経済予測システム「ゼノブレイン」で分析したところ、主にプラス影響で六つ、マイナス影響で二つのシナリオが浮かび上がった(図)。

     VRの活用シーンは、ゲームやスポーツなどのエンターテインメント分野がおなじみだが、ビジネス面での活用方法として分析結果に上がってきたのが、ショベルカーなど重機遠隔操作での需要増加だ。

    残り547文字(全文890文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事