国際・政治

すさまじい中国の再エネ導入、風力・太陽光でも他国を圧倒=窪田秀雄

    再エネ 風力・太陽光を12億キロワットに拡大 「一帯一路」の浸透手段にも=窪田秀雄

     中国国家能源局の最新データによると、中国の総発電設備容量は、2021年4月末時点で約22億3500万キロワットに達している。電源別では、火力=12億6200万キロワット、水力=3億7300万キロワット、風力=2億8700万キロワット、太陽エネルギー(太陽熱含む)=2億6100万キロワット、原子力=5100万キロワット。

     これに対し、日本の総発電設備容量は21年5月末現在で2億6930万キロワット。設備利用率を無視すれば、中国は日本の総発電設備の倍に相当する風力・太陽エネルギー設備を持つ。この規模はすでに他国を圧倒しているが、中国はこれを30年までに12億キロワット以上に拡大する計画だ。

    残り968文字(全文1306文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事