経済・企業

成長性が魅力 厳選「中国・アジア株投信10銘柄」=篠田尚子

成長が続く中国市場に注目が集まっている (Bloomberg)
成長が続く中国市場に注目が集まっている (Bloomberg)

厳選! 中国・アジア株投信10銘柄=篠田尚子

拡大はこちら

 新興国を投資対象とする投資信託の中でも、中国株式に投資を行うタイプは比較的長い歴史を持ち、1990年代後半以降、一定周期で「中国株ファンド」ブームを生んできた。しかし、長い運用実績があるファンドが一律に優良かというと、そういうわけではない。というのも、投資信託は、時代時代で進化を遂げているからだ。

 とりわけ中国株式の場合、2000年代初頭まで人民元建て本土株(上海・深圳A株)の取引が中国国内の投資家に限定されていたため、90年代に設定された「元祖・中国株式ファンド」は、香港市場に上場するH株やレッドチップ銘柄(中国政府系資本の持ち株会社。事業資本は本土だが、登記は香港または海外)を中心に構成されていた。「ダイワ・チャイナ・ファンド」は、後述する適格国外機関投資家(QFII)制度が整う前に設…

残り1307文字(全文1685文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事