国際・政治

反米・反イスラエルのライシ政権中東の不安定要因の気配

反米派の代表格ライシ新大統領 (Bloomberg)
反米派の代表格ライシ新大統領 (Bloomberg)

イラン大統領選 保守強硬派のライシ氏当選 中東の不安定要因の気配=宮田律

 6月18日にあったイラン大統領選挙で保守強硬派のエブラヒム・ライシ司法府代表(60)が当選した。

 イランの大統領選での候補者は最高指導者の影響力の強い護憲評議会の事前審査で絞られるが、改革派や保守穏健派(中道派)は選挙から事実上、締め出された。ハメネイ最高指導者は保守強硬派のライシ師を大統領として好ましいと判断したのだろう。

 2018年に米トランプ政権がイラン核合意から離脱して、イランへの制裁を強化し、イランは経済的苦境に陥った。インフレ率は50%を超え、国民の6割は貧困状態にあるとみられる。新型コロナウイルスの感染も社会的混乱に拍車をかけた。

残り829文字(全文1141文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事