資源・エネルギー

石炭を「禁制品」にするESGの圧力=浜田健太郎

    石炭は日本の主力電源 火力発電に強まる逆風=浜田健太郎

     石炭火力は日本の主力電源だ。2019年度の発電量全体に占める電源構成比で31.9%に上り、天然ガス(37.1%)に次ぐ基幹電源になっている(図)。2011年3月の東京電力福島第1原発事故に伴い、原子力発電の比率が大きく落ち込む中で、天然ガス火力とともに日本の電力供給を担う基幹エネルギーの役割を果たしてきた。

     石炭のメリットは資源量が豊富で安価なことだ。現状の需要を基にして採掘可能な埋蔵量は130年を超えるとされる。日本の調達先は、オーストラリア、インドネシア、カナダといった日本と関係が安定した国からの輸入が大半を占める。熱量当たりの輸入価格は原油、液化天然ガスに比べると2分の1〜3分の1で安定している。

    残り785文字(全文1118文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事