資源・エネルギー

炭素排出量は本当に減る? 「カーボンプライシング」のワナ=小野徹

    ボスニア・ヘルツェゴビナにあるアルセロール・ターミナルの製鉄所。欧州を中心に世界各地に生産拠点を持つ (Bloomberg)
    ボスニア・ヘルツェゴビナにあるアルセロール・ターミナルの製鉄所。欧州を中心に世界各地に生産拠点を持つ (Bloomberg)

    炭素に値付け 削減効果は薄く空洞化も招く 「カーボンプライシング」のワナ=小野透

     最近、炭素の排出量に値付けをする「カーボンプライシング」(CP)という言葉を耳にする機会が増えた。菅義偉首相が昨年10月、2050年までに二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル(炭素中立)」を表明し、CPをその有効な手段として取り上げる論調が目立つ。

     政府内での議論も加速している。小泉進次郎環境相の昨年12月31日のブログによると、菅首相は小泉氏と梶山弘志経済産業相を同12月21日に呼び、環境・経産両省が連携してCPの議論を進めるように指示したという。また、6月18日に閣議決定した成長戦略でも、CPについて「産業の競争力強化やイノベーション、投資促進につながるよう、成長に資するものについて躊躇(ちゅうちょ)なく取り組む」と盛り込まれた。

    残り2030文字(全文2415文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事