資源・エネルギー

脱炭素で「蓄電池」のコストが到底合わないこれだけの理由=前田雄大

    再エネは蓄電池と組み合わせると経済性が見合わない…… (Bloomberg)
    再エネは蓄電池と組み合わせると経済性が見合わない…… (Bloomberg)

    電池の限界 系統制御ではコスト合わず 現実的な解はEVの活用=前田雄大

     日本が掲げた2030年度の温室効果ガス排出46%削減(13年度比)の道筋において、蓄電池は再生可能エネルギーの出力を平準化するための絶対的ツールとはならない。蓄電池を電力系統の安定化に使うとコストが上がるが、そのコスト増を織り込んで市場競争力を持つほど、系統における「再エネ+蓄電池」の構図はコスト競争力がないからだ。

     例えば、家庭でいえば、買う電気よりも自宅に設置した太陽光のキロワット時単価が安ければ、昼間は太陽光の電気を優先的に使用する。しかし、この相対的に安い太陽光の電気を蓄電池にためて、夜間も使用しようとすると、蓄電池のコストを入れてもなお、買う電気よりも安くなるかが重要となる。

    残り1130文字(全文1462文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事