経済・企業

ジャクソンホール会議が注目を浴びるこれだけの理由=久保和貴

自然豊かな米西部ワイオミング州で開催されるジャクソンホール会議 (Bloomberg)
自然豊かな米西部ワイオミング州で開催されるジャクソンホール会議 (Bloomberg)

ジャクソンホール会議って? 経済・金融シンポジウムが政策転換「におわせる」場に=久保和貴

 8月下旬に、米国のカンザスシティー連邦準備銀行の主催で、西部ワイオミング州でジャクソンホール会議が開催される。そもそもジャクソンホール会議とは何か、歴史を振り返りながら解説する。

 この会議は主要国の中央銀行幹部や政策立案担当者、経済学者などが参加する経済・金融シンポジウム。1978年から毎年開催されており、世界経済が直面する重要な経済問題が議論される場だ。

拡大はこちら

 市場参加者の注目を集めるようになった背景には、2010年8月の会議でバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長(当時)が、QE2(量的緩和策第2弾)導入を示唆したことが大きいとされる。実際、同年11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では予告通りQE2が導入されたことから、ジャクソンホール会議での「におわせ」が経済・金融政策を占う上で重要とみなされるようになった。

 14年にはドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁(当時)がユーロ圏におけるインフレ期待の低下に強い懸念を表明し、翌月9月のECB理事会で追加利下げが行われたことも、この会議への注目を高める一助となった。

 直近では20年にパウエルFRB議長がAIT(平均インフレ目標政策)を打ち出したことが記憶に新しい。一国の中央銀行(およびそれに類する制度)が、金融政策の枠組み変更という極…

残り777文字(全文1377文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事