投資・運用THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 米長期金利、低下なら内需系狙い=三宅一弘

 日本を含めて主要国の債券・株式市場に大きな影響を与える米10年国債利回り(長期金利)は4月以降、米国の景気・物価が上振れ、大規模金融緩和政策の正常化観測が広がる中で、むしろ低下基調にある。年末にかけて米長期金利がどう動くのか、物色対象の選び方を含めて日本株を占うカギになろう。

 これについては大きく三つのシナリオが想定される。第一はコロナ禍を脱し、米国の経済や金融政策が正常化傾向を強め、米長期金利が上昇基調をたどるケースである。この場合、日本株は国内でのワクチン接種進展も加わり、景気・企業収益の好転を織り込む形で業績相場の色彩を強め、景気敏感株や、コロナの打撃が大きかったサービス産業を中心とする「経済再開銘柄」が市場人気を集めよう。

 第二は、秋以降の米景気の鈍化を織り込む形で米長期金利が軟化基調となるシナリオだ。このケースは、米国や世界景気に連動する素材をはじめとする外需・製造業、銀行など金融株に対する敬遠ムードが強まり、日本株は横ばい圏の推移になりそうだ。業績安定のいわゆるディフェンシブ株が注目されるほか、内需系の独自的な成長銘柄を選別する動きが強まるだろう。為替は円高・ドル安に動くリスクが出てきそうだ。

残り344文字(全文855文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事